US DESIGN. BLOG

灯りのコト。

こんにちは。

佐藤です。




今日は家の「灯り(照明)」について。





最近の住宅の主照明といえば何を思い浮かべますか?

多くの方が「ダウンライト」や「シーリングライト」が真っ先に出てくるのではないかと思います。

確かに、最近特に主照明として使用されることの多いダウンライトは、シーリングライトに比べ器具が目立たないので、天井もスッキリしますし、広範囲を均等に明るく照らしてくれる優秀な照明器具であることは間違いありません。

中には調光機能や調色機能が付いているものもあり、住む方のライフスタイルによって臨機応変に使い分けることも出来ます。




ただ、弊社のお客様の中には、「雰囲気のある空間にしたい」や「カフェのような雰囲気が好き」という方が少なからずいらっしゃいます。

その様な雰囲気をご希望にもかかわらず、照明をダウンライトやシーリングライトだけにすると、空間全体が均等に照らされてしまい、雰囲気づくりに重要な「陰影」と「奥行き感」の少ない空間になりやすくなってしまいます。(もちろんダウンライトの種類や照明の配置にもよります。)




そんな時にお勧めしたいのがペンダントライトやスタンドライト、ブラケットライト等の「部分的に照らす」照明や、「壁や天井を照らす」間接照明です。

ペンダントライト等の照明は、ダウンライトやシーリングライトの「天井から下方」を照らす照明とは違い、壁やテーブル、床等をスポットライトの様に「部分的に」照らすことがしやすく、また、素材や形によっては陰影も自在につくることが可能になります。

間接照明も、照らしたい壁や天井を「部分的に」照らすことが出来ますので、これらを上手く取り入れることで、陰影や奥行き感が生まれ、雰囲気のある空間に仕上げることが出来ます。





とはいえ、全体が明るすぎるとその効果が薄くなってしますので、全体の照度を適度に減らし、「均等的な灯り」が欲しい場所と雰囲気をつくる「部分的な灯り」を用いた場所をきっちりと考えた照明計画にしていただくことで、より暮らしの満足度が上がるのではないかと思っております。




もちろん、ダウンライトの中にも、光量や光の種類も様々な上、器具本体からの明るさを抑えたグレアレスダウンライトや、首振りの機能を備えたユニバーサルダウンライト等、様々な種類があり、それらを上手く利用することで、素敵な空間に仕上げることも出来ますので、現在打ち合わせ中の方やこれから建築を考えられている方は、色々とご検討されてみてはいかがでしょうか?




需要があるかわからない様な、もっと掘り下げたマニアックな話が聞きたいという物好きな方(笑)がいらっしゃいましたら、いつでもお問い合わせ下さい。





どうぞ宜しくお願い致します。

image1 image0

素材選び

こんにちは。

佐藤です。




先週の「平屋」×「TOYO KITCHEN STYLE」の完成見学会には大変多くの方にご来場いただき、とても盛り上がった週末となりました。

お越し下さったお客様はもちろん、ご厚意により完成見学会を開かせていただいたお施主様、その他にも携わって下さった各業者様方、本当にありがとうございました!





さて、本日は「素材」のお話。

ひとえに「素材」と言っても、使用する場所、位置で使用する素材も変わってきます。

例えば、「床材」で言えば、木の床だけではなく、タイルや土間、フロアタイルやカーペット等がありますし、「壁材」と言っても、クロスだけでなく珪藻土や漆喰、板張りや和紙等、様々な素材があります。





弊社としましては、まずお施主様の好みや方向性を決める為、一度ヒアリングをさせていただき、その上でベースとなる床材(材質や色)をお施主様に決めていただくことで、それに対する壁の色や天井の色、細かくは床と壁の見切りとなる巾木や笠木の色を弊社側からご提案させていただいております。





床、壁、天井、建具、小物類…。

膨大な種類の中から使用する素材同士の相性を考えつつ、金銭面はもちろん、今後のメンテナンスまでも考え、これから住まわれるお施主様本人にご満足いただける様、精一杯ご提案させていただければと思っております。




せっかくの「注文住宅」。

どうせ建てるなら自分なりのこだわりを取り入れたお家にしたいですよね。




どうぞ宜しくお願い致します。


IMG_5736

気密のコト。

こんにちは。

今日が誕生日の佐藤です。




今回は気密のお話。

気密とは、簡単に言うと家の「隙間」のことです。

家に隙間など無いように思われていますが、実は木と木のつなぎ目や、窓やドアの周囲、配線・配管やコンセントボックスまわり等に小さな隙間は無数に存在し、家全体のそれらを全て足すとノートのサイズほどになり、温めた空気が逃げたり、外気の侵入を許したりしてしまいます。
家の隙間面積を表す単位としてC値というものがあり、隙間の少ない家のことを「気密性能が高い家」と呼びます。




では逆に、「気密性能が低い家」とはどういったものでしょう?

わかりやすく例えてみますと、バケツが「家」として、ひねった蛇口から出る水を「空調による温度管理」とします。

バケツに蛇口をひねることで水を貯めていきますが、例えば、そのバケツに「大きな穴」が開いている場合、いくら蛇口をひねっても水が流れ出てしまいます。

これがすなわち、「気密性能が低い家」ということになり、せっかく空調により室温を管理しようとしても、家中にある「隙間」から漏れ出してしまっては、せっかくこだわった断熱材の効果も半減してしまう他、必要以上の温度設定や風量設定にしてしまい、日々の光熱費が上がる原因にもなってしまいます。




US DESIGN.では、物件毎の「気密検査」を標準的に行っており、確かな気密性を確保し、又チェックすることで、光熱費の削減だけでなく、すきま風や結露のような不快感にも悩まされない、「快適」なお家になるよう努めております。





最近では、「断熱性能」を売りにされている会社様も多いですが、そこは「あたりまえ」とした上で、「気密性能」まで気にしてみてはいかがでしょうか?




どうぞ宜しくお願い致します。



IMG_5889

↑気密検査の様子。

カーテンのコト。

こんにちは。

昨日朝起きたらぎっくり腰になっていた佐藤です。




前回の更新からずいぶん空いてしまいましたが、本日はカーテンのお話。




弊社でよくご採用いただくバーチカルブラインド。

スタイリッシュな雰囲気を演出してくれるこちらは、シンプルモダンや無機質な風合いがお好きなお客様からとてもご好評いただいております。

image2



そして個人的にもおすすめなのがレースカーテンです。

抜け感のあるレースカーテンは、柔らかい光を取り入れつつも外と中をやんわりと区切り、ファブリックならではの素材感や優しい雰囲気をプラスしてくれます。

シンプルにドレープカーテン(厚手生地)と組み合わせるのはもちろんありですが、物によっては少し重たい印象やゴージャス感も出てしまうので、個人的にはレースカーテンの内側にブラインドやロールスクリーンを配置し、必要なときのみ遮光する、という使い方がおすすめです。




もちろん、窓周りの設え方として、ハニカムのブラインドや障子等、色々ございますので、ご自身の好みやお部屋の雰囲気に合う方法を探されても宜しいかと思います。

image1
image0

「窓」のコト。

こんにちは。

佐藤です。



今回はタイトルにもありますように「窓」のお話。




弊社のデザインプロジェクト『US DESIGN.』では、意匠性はもちろん、住む人が一生を通じて“おうちじかん”を快適に充実して過ごしていただけるよう、特に断熱性・気密性といった住宅の「性能面」に重点を置いています。

本日はその「断熱・気密」性能に大きな影響を与える「窓」について少しだけお話し致します。






住宅において熱の出入りが激しいのが「窓」です。

当たり前のようにそこにあるけれど、実は大きな役割を果たしており、明るい日差しや、爽やかな風、素晴らしい景色、色々なものを取り入れてくれますが、実は暑さや寒さを取り込んでしまうのもこの「窓」なのです。

建物全体の比率で言うと、夏は74%、冬は52%もの熱が窓から出入り(欠損)していると言われています。

「どれだけエアコンを付けていても中々暖かくならない…。」や「日光が入ってきて暑すぎる…。」

これらは経験したことのある方も多いのではないでしょうか?

こういったケースは断熱性能の低い窓を使用していることが主な原因と考えられます。




そこでお勧めしたいのが「樹脂窓」です。




『US DESIGN.』では、国内トップクラスの性能を誇るペアガラスまたはトリプルガラスの高性能樹脂窓(国内で最も普及している窓の平均U値の約3.5〜5倍の性能)を使用しており、熱の欠損が多い窓の性能を高めることで、夏は涼しく冬は暖かいだけではなく、エアコンの熱効率が上がることで光熱費も抑えることが出来るほか、断熱性のが高い樹脂窓は外気の影響を受けにくく、窓の表面温度の変化を小さく出来るため、不快な「結露」や「カビ」の発生を抑え、窓辺を快適に保つことが出来ます。




樹脂窓の主な特徴である、気密性能、遮音性能、防犯・防火性能、そして何よりも大切なのが、熱の出入りを調節する「断熱性能」。

目に見えない熱だから見逃されがちですが、断熱性能の高さが暑さや寒さという“住み心地”はもとより、住む人の“健康状態”、“省エネ”にも大きく関わってきます。




これから40年、50年…人生を共にする家。

家族みんなが楽しく、快適に、健康に過ごす場所。

それが悩みの種になるなんて思いたくない。

だから今、もう少しだけ考えてみませんか?

「窓」のこと。




IMG_3149

Jin/株式会社尽

金沢事務所〒920-0370 金沢市上安原1丁目245番地2 
TEL 076(220)6312 FAX 076(220)6313

富山事務所〒930-0953 富山市秋吉163番地17    
TEL 076(464)3708 FAX 076(464)3709

©2020 Jin.inc All rights reserved.