US DESIGN. BLOG

US DESIGN. 2020.10.15

気密のコト

こんにちは。

今日が誕生日の佐藤です。




今回は気密のお話。

気密とは、簡単に言うと家の「隙間」のことです。

家に隙間など無いように思われていますが、実は木と木のつなぎ目や、窓やドアの周囲、配線・配管やコンセントボックスまわり等に小さな隙間は無数に存在し、家全体のそれらを全て足すとノートのサイズほどになり、温めた空気が逃げたり、外気の侵入を許したりしてしまいます。
家の隙間面積を表す単位としてC値というものがあり、隙間の少ない家のことを「気密性能が高い家」と呼びます。




では逆に、「気密性能が低い家」とはどういったものでしょう?

わかりやすく例えてみますと、バケツが「家」として、ひねった蛇口から出る水を「空調による温度管理」とします。

バケツに蛇口をひねることで水を貯めていきますが、例えば、そのバケツに「大きな穴」が開いている場合、いくら蛇口をひねっても水が流れ出てしまいます。

これがすなわち、「気密性能が低い家」ということになり、せっかく空調により室温を管理しようとしても、家中にある「隙間」から漏れ出してしまっては、せっかくこだわった断熱材の効果も半減してしまう他、必要以上の温度設定や風量設定にしてしまい、日々の光熱費が上がる原因にもなってしまいます。




US DESIGN.では、物件毎の「気密検査」を標準的に行っており、確かな気密性を確保し、又チェックすることで、光熱費の削減だけでなく、すきま風や結露のような不快感にも悩まされない、「快適」なお家になるよう努めております。





最近では、「断熱性能」を売りにされている会社様も多いですが、そこは「あたりまえ」とした上で、「気密性能」まで気にしてみてはいかがでしょうか?




どうぞ宜しくお願い致します。



IMG_5889

↑気密検査の様子。

US DESIGN. 2020.10.12

NEXT

こんにちは。

佐藤です。




着々と準備をしております…。

皆様お楽しみに。


IMG_6286
US DESIGN. 2020.10.2

めでたい

こんにちは。

また更新が遅れました…。

ターザン佐藤です。




本日は、先日上棟式を行いました2物件のご紹介。





まずは眺望の素敵なA様邸。

開放感のある敷地に25帖もの大きなLDK、更には金沢の町並みを切り取る大きな窓が特徴的なお家です。

IMG_5795 IMG_5844


次にこちらも金沢市S様邸。

シンプルながらも、お施主様こだわりのバイクガレージと天井の高低差等、技が効いたお家です。

IMG_5951 IMG_5955


どちらも完成が楽しみです^^





US DESIGN. 2020.9.23

OPEN HOUSE!

こんにちは。

佐藤です。




今回は、かほく市大崎にて開催致します、完全予約制の完成見学会のご案内をさせて頂きます。

☆今物件のポイント☆

・ 北・西・東の三方を道路に囲まれた土地に建つ、黒い塗装がインパクトのあるモダンな外観。

・ リビングから土間テラスに繋がるトリプルガラスの大開口窓が空間を開放的に演出。

  • LDKにはお子様の遊び場や1人掛けのソファを置いたりと、自由に使えるフリースペースも。
  • 暖かみと優しい印象を与えるオークの無垢床

見学可能な日程としましては、現在9/25(金)〜10/3(土)の9日間となっており、

『ひと時間にお一組様のみの完全予約制』とさせて頂きます。

また、スタッフは常駐致しませんので、内見をご希望のお日にちがございましたら

お気軽にご相談下さいませ。

また、新型コロナウイルスへの対策と致しまして、スタッフのマスク・手袋の着用はもちろん、

ご来場されるお客様にも着用ををお願いする場合がございますので、ご了承下さい。

以上、宜しくお願い致します。


IMG_5539 IMG_5624
US DESIGN. 2020.9.18

カーテンのコト

こんにちは。

昨日朝起きたらぎっくり腰になっていた佐藤です。




前回の更新からずいぶん空いてしまいましたが、本日はカーテンのお話。




弊社でよくご採用いただくバーチカルブラインド。

スタイリッシュな雰囲気を演出してくれるこちらは、シンプルモダンや無機質な風合いがお好きなお客様からとてもご好評いただいております。

image2



そして個人的にもおすすめなのがレースカーテンです。

抜け感のあるレースカーテンは、柔らかい光を取り入れつつも外と中をやんわりと区切り、ファブリックならではの素材感や優しい雰囲気をプラスしてくれます。

シンプルにドレープカーテン(厚手生地)と組み合わせるのはもちろんありですが、物によっては少し重たい印象やゴージャス感も出てしまうので、個人的にはレースカーテンの内側にブラインドやロールスクリーンを配置し、必要なときのみ遮光する、という使い方がおすすめです。




もちろん、窓周りの設え方として、ハニカムのブラインドや障子等、色々ございますので、ご自身の好みやお部屋の雰囲気に合う方法を探されても宜しいかと思います。

image1
image0
1 2 3 4

Jin/株式会社尽

金沢事務所〒920-0370 金沢市上安原1丁目245番地2 
TEL 076(220)6312 FAX 076(220)6313

富山事務所〒930-0953 富山市秋吉163番地17    
TEL 076(464)3708 FAX 076(464)3709

©2020 Jin.inc All rights reserved.